Visioの概要と安価な購入方法

情報を提供するには、単なる数字やテキスト以上のものが必要になります。 Visio では、視覚的に作業できるように、グラフィック図に情報を変換することができます。 PC またはモバイル デバイスで Visio を使って、次の作業を行うことができます。 複雑なアイデアを視覚的に整理する。フローチャート、タイムライン、フロア プランなどの数百のテンプレートで作業を開始する。図形、テキスト、画像を追加および接続して、データでの関係を表示する。スタイル、効果、テーマ、背景を使って、図を本格的な外観にする。動的な図面を作成し、Excel、Access、または SharePoint のデータにリンクする。図面をクラウドに保存し、ブラウザーを使って他のユーザーと (Visio をインストールしていないユーザーとも) 共有する。モバイル デバイスで図面を表示する。 たとえば、Visioの図形を使用する ステンシルは関連する図形のコレクションであり、すべての Visio 図面の文書パーツです。 図形を参照する [図形] ウィンドウで、[その他の図形] を選びます。カテゴリをポイントし、そのカテゴリのステンシルを参照します。必要な図形を含むステンシルを選びます。図面ページの空白領域を選んでメニューを閉じます。ステンシルの名前を選んで、その図形を確認します。 図形を検索する 検索ボックスに、必要な図形を説明するキーワードを入力し、虫眼鏡 を選択します。[ローカ…

続きを読む

Microsoft Office ・1つのアカウントで複数のOfficeを管理する方法

Microsoftアカウントにリンクする場合、Office 2016のパッケージ版に関連付けるられたプロダクトキーが必要です。 リンクが完了すると、[アカウント]ページに製品名が表示されますが、使用したプロダクトキー情報はページに表示されません。 したがって、1つのアカウントで複数のOfficeを購入して登録した場合、マイアカウントページに登録数がリストされますが、どのプロダクトキーのものかが表示されないのでどのOfficeの項目からインストールしてよいのかがわかりません。 たとえば、会社にインストールされている複数のOffice(Excel、Word、PowerPoint)は、1つのMicrosoftアカウントにリンクされています。 次に、複数の同一の製品が関連付けられ、どのプロダクトキーが使用されたかがわかりません。 最初のものが正常にインストールされたとしても、再インストールが必要なときにどのボタンを使用してどのPCにインストールするかはわかりません。 複数のプロダクトキーがインストールされている場合、インストールは失敗し、「インストール台数上限に足しました」というエラーメッセージが表示されます。 そこで、誤って複数のOfficeプロダクトキーを1つのアカウントに関連付ける場合の管理方法は「インストール用プロタクトキー」で確認することです。 Microsoftアカウントの「インストール用プロタクトキー」をクリックすると、「プロタクトキーの表示」が表示され…

続きを読む

Excel 2019の新関数IFSの使用方法

この記事では、Excel 2019のIFS関数の使用方法について説明します。 IFS関数は、複数の条件を順次チェックした結果に基づいて異なる値を返します。 IFS関数は、複数の条件を順番にチェックした結果に基づいて異なる値を返すため、IF関数の既存のネストは1つの関数で表すことができます。 IFS関数の簡単な構文 =IFS(論理式1, 値が真の場合1, 論理式2、値が真の場合2…論理式127, 真の場合127) 例:C列にB列の得点の評価をA、B、Cで表示したい。90点以上をA、80点以上をB、70点以上をCに評価したいです。ということでIFS 関数を用いてテストしてみます。 [OK]をクリックして結果を確認します。 IFS関数を使用する際の注意事項 IFS関数には、最大127個の条件を含めることができます。 IF関数とは異なり、IFSでは複数の条件をネストせずに結果を分割できます。 したがって、[論理式]の条件を厳密から緩い順に並べる必要があります。 例えば、[論理式]の条件を以下のように、=IFS(B2>70,"C",B2>80,"B",B2>90,"A")順番で設定すれば、すべての評価がCになります。 すべての条件が満たされていない場合に結果を含めるには、最後の条件にTRUEを入力し、表示する値または数値を指定します。 指定されず、条件が満たされない場合、#N / Aエラーが表示されます…

続きを読む