Microsoft Office Home & Business 2019を紹介する!

個人用/ビジネス用のOfficeの買い切り版、Office Home & Business 2019の説明ページです。様々なシーンでよく利用するWord/Excel/PowerPoint、そしてメールソフトのOutlookがセットになったパッケージソフトです。 Microsoft Office Home & Business 2019(日本語)とは?Microsoft Office Home & Business 2019(日本語版)とは、2019年1月22日に発売された、個人とビジネス向けの買い切り型の永続ライセンス版となります。Word/Excel/Outlook/PowerPointの4つのアプリケーションが利用でき、入手方法は店頭またはECサイトでシリアル番号付きのカードを購入するか、インターネット上でシリアル番号を入手するオンラインコード(ダウンロード)版を購入するか、いずれかの方法があります。 Office Home & Business 2019の価格カード版カードにプロダクトキーが記載されているものです。物として残したい方のためにはこちらがおすすめです。AmazonなどのECサイトや家電量販店などで購入することが可能です。オンラインコード(ダウンロード)版カードがなく、プロダクトキーがオンライン上で発行されるものです。オンラインコード(ダウンロード)版のほうが若干お安くなっております。下記ボタンよりマイクロソフト公式ストアでOffice Home…

続きを読む

Microsoft Office 2016 再インストール手順(Windows 7 / Windows 8.1 /…

<対象製品>Microsoft Office Personal 2016Microsoft Office Home and Business 2016Microsoft Office Professional 2016<再インストールについて>再インストールは、マイクロソフト社のWebサイトから行います。再インストールは次の場合に実施します。Microsoft Office 2016の動作が不安定な場合 ※この場合、再インストール前に、アンインストールを行ってください。リカバリーDVDでWindowsを再インストールした場合ダウングレードモデルで、Windows 7からWindows 8.1/Windows 10に入れ替えた場合、あるいはWindows 8.1/Windows 10をインストール後にWindows 7に変更した場合再インストール手順アンインストール手順再インストール手順インターネットへの接続とMicrosoft アカウントが必要です。本製品には、再インストール用メディアは同梱されていません。再インストールは、インターネットからのダウンロードが必要です。また、再インストールを行うと、最新の状態でOffice 2016がインストールされます。再インストールの詳細な手順は、次のWebサイトでお使いの製品を選択してご確認ください。マイクロソフト社 >Office サポート※リンク先のサイトはマイクロソフト社が運営しています。ページは予告なく変更される場合があります。 アンインストー…

続きを読む

Office パワーポイント(PowerPoint)の機能と特徴

パワーポイントとは何か?その概念的な説明を前項でしましたが、本項では、具体的にどんな使い方をして、どんなことができるのかについて解説したいと思います。PowerPointは「スライド」を作成するということから、プジェクターでスクリーンに投影する大きな「紙芝居」を作るようなイメージを膨らませてください。普通、紙芝居には「絵」が描いてあり、ナレーターのおじさんが物語を読みます。そして、1枚ずつめくって物語をすすめていきます。基本的な流れはこれと同じです。1枚のスライドに、紙芝居の絵と同じように「図」や「グラフ」などを描いて、発表者が口頭で説明します。そして、1枚ずつスライドをめくりながら、説明を続けていきます。つまり、口頭や紙だけの資料によるプレゼンよりも、視覚的イメージを加えることによって、よりパフォーマンスの高いプレゼンになるというわけです。ですので、PowerPointを使いこなすことができれば、聴衆を惹きつけるようなスライドで、より効果的なプレゼンができるようになると思います。紙芝居も、おじさんが話に合わせて絵をめくってくれるから、引き込まれて面白く感じるのです。PowerPointも発表者が話に合わせてスライドを切り替えていきます。まさしく紙芝居のようなスライドを作っていくわけです。ただし、PowerPointで作成するスライドは、「紙芝居」のような絵だけでは終わりません。もっともっと手の込んだ効果や仕掛けを組み込むことができます。では、具体的にどのようなことができるのか、簡単に機能の一部を…

続きを読む